おもてなし商品の大トリを飾るのは、以前このブログでもご紹介した、秋穂みかんのストレート100%みかんジュースです。

(当日提供予定だったみかんジュース。ラベルが可愛いですね。)

秋穂地域では、瀬戸内の温暖な気候を活用し、古くから沿岸部でのみかん栽培が盛んです。日本の地中海と呼ばれるのもうなずけます。そんな山口の地中海でみかんジュースを手掛けられているのは、「やすみつ農園」の園主安光洋和さんとそのご家族です。安光さんはUターンで山口に戻られ、農業を習得すべく農業大学へ通われ、みかん農園以外にも秋穂みかんの様々な加工品の開発にも取り組まれているんですよ。道の駅あいおには、みかんチップスや梅ジャムなど安光さんが作った商品がずらりと並んでます。最近、みかんジュースの特大サイズも販売されましたので、これから迎える暑い夏をクエン酸たっぷりのみかんジュースを飲んで乗り切ってみてはいかがでしょうか。

さて今回も、やすみつ農園の安光園主様よりサイクリストの皆さんへのメッセージをいいただいておりますのでご紹介します。
「瀬戸内の温暖な気候で育ったみかんを絞ったジュースです。濃縮還元しないでそのままの味をお楽しみください。秋穂にお越しの際は、ぜひ召し上がっていただきたいと思います。」

(やすみつ農園にて、育てたみかんと搾りたてのジュースを持つ安光さん)

このブログでは、大会でサイクリストの皆さまにおもてなしする予定だった南部地域の選りすぐりの特産品と、それを手掛けられた生産者様についてこれまでご紹介してきました。南部地域にはこれらの商品以外にもおいしい特産品やホスピタリティー溢れるお店がたくさんあります。ぜひお越しの際は南部地域の四季折々の自然と美味しいものをご堪能いただけたらと思います。

追伸
先日、なんとなくSNSを見ていたら「お気軽配達セット」がお手元に届いた方が、「今日はコレを持って走りに行きます」という嬉しい投稿をされていました。皆さんで、あなただけのMyツール・ド・ヤマグチ湾を楽しんでください。

by 湾チーム

2021-06-11T17:18:38+09:00